広告会社・印刷会社経営研究会

お電話でのお問い合わせは03-6212-2933

メールでのお問い合わせは

無料メルマガ登録 はこちら

印刷会社社長の本棚

印刷会社社長の本棚

船井総研

中途採用はこちら
取材お問い合わせ

セミナー開催レポート

seminar report

2016年3月「広告・印刷業 新規顧客開拓モデル大公開セミナー」を開催いたしました。

2016.03.31更新

 

2016年3月吉日に限られたお客様に向けて、セミナーを開催させていただきました。

この事例を出されているのは、大阪に本社をおく、日広株式会社の福岡支店。

その事例を包み隠さず、支店長の石川様にご講演いただきました。

また、弊社からは印刷チーム 経営コンサルタントの芝原と

印刷チームチームリーダーシニア経営コンサルタントの岩邊が登壇させていただきました。

 


第一講座では、芝原が『なぜ、今広告制作会社・印刷会社は

新規開拓を強化すべきなのか?』と題して、講演させていただきました。

 

芝原は、2年で新規のみで、受注3000万円は可能だと言います。

広告・印刷業 新規顧客開拓モデル大公開セミナー

 

そのポイントは、下記の通りです。

・1回あたり単価30万円以上の商材に絞ろう!

・年間4回以上のリピートが見込める商材に絞ろう!

・上記商材の専門ホームページを立ち上げよう!

・上記商材を販売するセミナーを開催しよう! ということです。

 

その結果、登壇された日広様では、下記の結果が出たと言います。

■月間新規最大問い合わせ件数:24件

■月間新規最大受注件数:6件

■月間新規最高受注単価:約916万円

■月間新規平均客単価:約305万円

■月間広告宣伝費:0円

■月間1件のお客様獲得コスト:営業人件費のみ

 

 


第二講座では、日広株式会社の福岡支店長である石川様に、

実際の取り組み事例を全てお話ししていただきました。

 

日広様は、この取り組みのおかげで、4500万円の新しい数字を作ったとのことです。

また、これらの取り組みのおかげで、下記の効果があったとおっしゃいます。

広告・印刷業 新規顧客開拓モデル大公開セミナー

 

飛び込み訪問をする必要がなくなり、なかなか会えない人にも会える

案件化しているお客様からの問い合わせの為、営業効率が良い。直接社長の場合も多い。

提案の幅が広がった

「チラシ」がほとんどである状態から、「パンフレット」が多くなり、様々な業界の知識が増えた。それに伴い、様々な切り口の提案が可能になり、「業者」から「パートナー」へ変わりつつある。

マーケティングの必要性を感じれるようになった

マーケティングの勉強会などを開催はしていたが、実際に実務に活かすことができていなかったが、問い合わせの質が変わることにより、マーケティング戦略を意識するようになった。

 

 

 

協力先の幅が広がった

これまでは自社で、WEB・カメラマンなど対応できていたが、案件が増えることにより、協力会社に頼むことが増え、幅が広がった。特に、外部のライター・カメラマン・WEB制作会社にお願いできる案件が増え、自社の社員のレベルも上がることになった。

全国で仲間が増えた

印刷会社経営研究会に参加することにより、全国の同業他社様の事例を共有でき、また意識の高い人と話をする機会に恵まれる為、今後のモチベーションアップに繋がる。売上1億から150億までの多岐にわたる会社様が参加されている。

 

最後に、こんなに熱いメッセージをいただきました!!

私たちの仕事は、多くの人を幸せにできる仕事だと思います。 やれること、やるべきことは・・・たくさんありすぎます。 必要なのは、やってみたいなぁと思ったらなんでも 『やってみること』 だと思います。 もっともっと輝ける業界にご一緒にしていければ幸いです。

 


最後に、船井総研シニア経営コンサルタントの岩邊がまとめとして、お話しさせていただきました。

広告・印刷業 新規顧客開拓モデル大公開セミナー

 

①不景気が来るかも?!

⇒2016年秋~か?

②1社当たり年間取引金額が減少

⇒クライアントの予算減少

③クライアントキーマンの低年齢化

⇒時代とともに、クライアントのキーマンも変化する

④採用難はまだまだ続く ⇒特に、中途採用・マネージャー層。

新卒採用は、中小企業にとってはこの2~3年よりは楽になる。

 

これらの予測を基に、今後の広告制作会社・印刷会社の勝ち残りの対策をお伝えさせていただきました。

 

 

 

 

一覧に戻る