広告会社・印刷会社経営研究会

お電話でのお問い合わせは03-6212-2933

メールでのお問い合わせは

無料メルマガ登録 はこちら

印刷会社社長の本棚

印刷会社社長の本棚

船井総研

中途採用はこちら
取材お問い合わせ

メールマガジン

Mailmagazine

2016.07.13 配信

『広告・印刷ビジネス業績アップレポート』【2016.7.13号】

業績アップレポート
『2020年までどのように過ごすべきか その2』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 『広告印刷ビジネス業績アップレポート』     【2016.7.13号】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 <INDEX>
1.【コ ラ ム】『2020年までどのように過ごすべきか その2』
2.【勉強会】「印刷会社経営研究会」「広告会社経営研究会」情報!
3.【ブ ロ グ】広告印刷ビジネスチームのブログ更新情報
4.【経営相談】コンサルタントにメールでご質問・ご相談いただけます
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
いつも『広告印刷ビジネス業績アップレポートをご愛読いただき、
誠にありがとうございます。運営担当の山本です。
先週は色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたね!

今週から船井総研・経営コンサルタントの西山圭がコラム執筆者として
参加することになりました。
ブログも執筆しておりますので、是非とも御覧くださいませ!
【西山圭(ニシヤマ ケイ)】
▼プロフィール:http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_1892.html
▼メールはこちらから:k-nishiyama@funaisoken.co.jp
【ブログ】西山 圭の【広告業界 応援ブログ ☆ 中庸の精神 ☆】
▼ http://www.funaisoken.me/k-nishiyama/

それでは、本日は岩邊より
『2020年までどのように過ごすべきか その2』と題して
お送りいたします。最後までお楽しみいただければ幸いです。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
『2020年までどのように過ごすべきか その2』

皆様、こんにちは。船井総研岩邊です。

欧州連合(EU)から、英国離脱が決定しました。
結果、世界経済は、混乱を極めました。
英ポンドが売られ、対ドルで31年ぶりの安値水準に。
世界同時株安が始まりました。

2008年9月のリーマンショックの記憶も新しいかと思います。
今回の出来事は、それくらい世界経済にとって、大きなインパクトを
持つものです。
しかしリーマンショックとは大きく異なる点は、
「政治システム危機」という点です。
スコットランドでは英国からの独立への動きが再燃して
おりますし、フランスやオランダ、イタリアなどでも、
EUからの独立を目指す主張が勢いを増し、離脱ショックは
連鎖の可能性があります。

これに伴い各国ではEUからの独立を目指す主張が勢いを増し、
離脱ショックは連鎖の可能性があります。

スペインやフランス、オランダ、イタリア、デンマーク、
オーストリア、ハンガリーなどで、反EUの動きが加速し
始めました。
スペイン経済は、ユーロ危機の後遺症から立ち直りつつ
あるものの、いまだに若年失業率は45%に達しています。

EUは発足以来、その結束を試される難題に何度も直面してきた
経緯があります。
2009年のギリシャが発端のソブリン危機が2010年以降、
ユーロ危機に拡大します。
中東や南アジア、アフリカなどから、難民が大量に押し寄せる
ようになりました。

中国においても影響が大きくあります。
経済失速が明らかな中国は、欧州市場においては、
英国を通じてEU諸国と関係強化を図ろうとしてきました。
例えば、中国が中心となって設立した
アジアインフラ投資銀行(AIIB)に最初の先進国として
参加を表明したのは、英国です。
また、英国政府は中国製の原子力発電所の採用を決めました。
英国の決定に伴うリスクオフの流れは、人民元安を助長させる
可能性もあります。これが実体経済に影響すれば、安値での
輸出攻勢を起こす可能性があります。

改めて、なぜ英国はEU離脱を決めたのでしょうか?
その背景には、EUをとりまく環境の変化にあります。
EUは、「2度の大戦がもたらした悲劇を繰り返さない」という
強い信念のもと、貿易同盟から歩みを始めました。
加盟国間のつながりを強めるべく、国境・通貨の面でも
次々と壁をなくしていきました。

しかし、ユーロ危機が転機となります。

ドイツを中心とする北部欧州と
ギリシャやスペイン、フランス、イタリアを中心とする
南欧諸国の間で格差がでてきました。
さらに、中東地域から難民が大量に押し寄せ、
それらの対応においてEU各国指導者たちは、「欧州」よりも
「自国」の事情を優先せざるを得なくなったのです。

結果、先進国の多くは、巨額の財政赤字をかかえ、
十分な財政政策が取れない中、金融施策に頼ることになりました。
しかし、効果は今も実感できておらず、結果不満をため込んだ
国民はより「現実的な」保護主義を主張する指導者を
支持するようになっていったのです。

こうした流れは、アメリカにおいても同様に起きています。
経済が順調に拡大し、賃金が増えている間は、
不満が表に現れることはありませんでしたが、
2008年の金融危機から経済成長にブレーキがかかりました。

アメリカの経済指標の中には、回復を示すものがあるものの、
賃金の伸びは相変わらず低いままの状態です。

中間層がこういった状況に不満を感じ、移民やグローバリズム、
政治エリートや一部の富裕層に対して、何らかの行動を
起こそうとしているのが、現在の状況です。

アメリカの大企業の多くは、こうした流れの中で、
リスク分散するために、製品の生産・開発拠点を世界に分散する
体制を進めています。
しかし、これらの対応は見えないコストとして、企業の収益を
圧迫していきます。

11月のアメリカ大統領選において、
トランプ氏かクリントン氏のいずれが大統領になっても、
現オバマ体制以上に保護主義が強まる可能性が強いと
考えてよいでしょう。
アメリカ発の政治リスクが日本企業に与える影響は、
イギリス発とは比較にならないほど大きいのは、
言うまでもありません。
ですから、我々日本企業が身構えるべき本当のリスクは、
これからやってくると考えても大げさではないのではない
でしょうか。

今週のコラムは以上となります。

次週も引続き『2020年までどのように過ごすべきか その3』と
題して、ご紹介させて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございました。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【勉強会】広告印刷ビジネスチーム主催の勉強会情報
★勉強会お試し参加承り中★
印刷会社経営研究会
 http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1201253669_0.html
広告会社経営研究会
http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100625.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【ブログ】岩邊久幸の【広告業界“革命”ブログ】ほぼ毎日更新
▼ http://ameblo.jp/funai-iwanabe/
【岩邊久幸のTwitter「広告業界革命」】
▼ http://twitter.com/iwanabehisayuki
【facebook】フェイスブックでまずはお友達になりましょう!
▼ Hisayuki Iwanabe
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■2016-07-04 社員のモチベーションアップ!!
http://ameblo.jp/funai-iwanabe/entry-12177188947.html

■2016-06-30 日本のいちばん長い日
http://ameblo.jp/funai-iwanabe/entry-12175930265.html

■2016-06-30 リーダー論
http://ameblo.jp/funai-iwanabe/entry-12175910893.html

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【メルマガ】新メルマガスタート!業績アップレポート佐久間編はこちら
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1310719623_1.html
【ブログ】佐久間 俊一の【広告業界に役立つ販売促進ブログ】はこちら
http://ameblo.jp/sakuma-salespromotion/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【ブログ】芝原 大寛の 【某コンサルティング会社に勤める
コンサルタントのブログ】はこちら
http://ameblo.jp/shibahara-wakuwaku
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■2016-07-06ポテンシャルワーカーの採用とITを活用した生産性の
向上が出来る会社が生き残る
http://ameblo.jp/shibahara-wakuwaku/entry-12177785398.html

■2016-06-29新経営モデル「公益資本主義」とは?
http://ameblo.jp/shibahara-wakuwaku/entry-12175538977.html

■2016-06-27オイコノミヤ 休み方の経済学より。パフォーマンスを
最大限に発揮するために必要なこととは?
http://ameblo.jp/shibahara-wakuwaku/entry-12174979335.html

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【ブログ】西山 圭の【広告業界 応援ブログ ☆ 中庸の精神 ☆】
▼ http://www.funaisoken.me/k-nishiyama/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 【経営相談】 コンサルタントにメールでご質問・ご相談ください

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

各コンサルタントへ、経営のご相談、業績アップのお悩みがあれば遠慮なく
ご相談下さい。通常、10~30万円するコンサルティングを2時間無料で行い
ます。(但し、初めての方に限ります)
御社名、お役職、ご氏名、お電話番号、希望日の明記のうえ、メール下さい。
どんなことでも、お役に立てれば幸いです!!

【岩邊久幸(イワナベ ヒサユキ)】
▼プロフィール:http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_241.html
▼メールはこちらから:hisayuki_iwanabe@funaisoken.co.jp

【佐久間俊一(サクマ シュンイチ)】
▼プロフィール:http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_465.html
▼メールはこちらから:s-sakuma@funaisoken.co.jp

【芝原 大寛(シバハラ マサヒロ)】
▼プロフィール:
http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_1863.html
▼メールはこちらから:m-shibahara@funaisoken.co.jp

【西山圭(ニシヤマ ケイ)】
▼プロフィール:http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_1892.html
▼メールはこちらから:k-nishiyama@funaisoken.co.jp

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

* * *

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本メールマガジンは、今まで、お名刺を交換させていただいた方、
セミナーや勉強会にご参加いただいた方にお送りさせていただいております。

これからも有益な情報をお届けして参ります!
次号もどうぞお楽しみに!

* * *
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■意見・感想・質問・相談など → hisayuki_iwanabe@funaisoken.co.jp

■株式会社船井総合研究所 広告ビジネス印刷チーム
 編集、執筆/岩邊久幸
◆ TEL:03-6212-2934 ◆ FAX:03-3216-2250
◆ http://www.funaisoken.co.jp/ (オフィシャルサイト)
◆ 住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6
日本生命丸の内ビル21階
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright (c) 2016 Funai Consulting Incorporated. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この研究会に申し込む

一覧に戻る