広告会社・印刷会社経営研究会

お電話でのお問い合わせは03-6212-2933

メールでのお問い合わせは

無料メルマガ登録 はこちら

印刷会社社長の本棚

印刷会社社長の本棚

船井総研

中途採用はこちら
取材お問い合わせ

オレの気持ちを心から理解してくれて、オレと同じくらい真剣に会社のことを考えてくれて、「業績を伸ばしたい」といえば一緒にそれを実現してくれる・・・そんな都合のいい幹部が、ウチにいてくれたらいいのに・・・
  • 「自分の力でもある程度やれそうだが、それだけだと将来が見えない」
  • 「実はそこそこ順調に来ているが、もっと伸ばすために何かしたい」
  • 「世代交代に差しかかっているけど、親父の時代と違って、二代目のオレはコンサルタントを活用してやっていきたい」
  • 「知り合いの元気な広告会社・印刷会社の社長が、船井さんにお世話になっていると聞いたので・・・」
  • 「今はいいけど、厳しい時代に入っているのは間違いない。新しい柱になる事業を立ち上げないと、5年後はキツイなぁ・・・」

船井総研にコンサルティングを依頼される方の動機はさまざまですが、本当に経営に困ってご相談に見えるというよりは、同じやるからにはスピード感をもってもっと上を目指したい、地域で一番よい会社、儲かる会社にしたい・・・etc といった超前向きな経営者の方がほとんどです。

実際、業績アップのために必要な集客ノウハウ、成功事例であれば、印刷会社経営研究会に参加していただくことでほとんど全て学んでいただけるようになっています。

現実の経営というのは大変な仕事です。経営戦略やマーケティングがどんなに大切だと頭で分かっていてもそれだけやっているわけにはいかないのです。日々、資金繰りに神経をすり減らしながら社員の問題にストレスを感じ、携帯電話を握りながら突然の来客対応をし、かかってきた売込み電話に出る・・・。
つまり、どんなに前向きな社長であっても、社長のお金と時間とモチベーションを奪う外敵との格闘の毎日と言ってもよいのではないでしょうか?
しかも、それだけ社長が一生懸命に会社のことで悩んでいたとしても、一体どれだけの人があなたと同じように真剣にあなたの会社のことを考えてくれているのでしょうか?

  • あなたの事業や会社・社員に対する思いを本当に理解してくれている人はいますか?
  • あなたの会社がとるべき戦略を自らの商売の損得抜きで、一般論ではなく、考え抜いてくれる人はいますか?
  • あなたが気づかなかった会社の本質的な問題を指摘してくれる人はいますか?
  • 社長であるあなたに、耳の痛いことも進言してくれる人はいますか?
  • 経営者として、社員や近隣の同業者には話せない本音やグチ、悩みを聞いてもらえる人はいますか?

もし、あなたが真剣に業績アップを目指しているにも関わらず、上記にあてはまる人がすぐに思い当たらないとしたら、個別業績アップコンサルティングを検討した方がよいかもしれません。

それは経営者自身の持っている能力の差というのは実は業績の良い悪いを決める決定的な差にはならないということです。
むしろ、経営者能力が高いのにその活かし方を本人が知らないために、業績が停滞したまま花開くことなく終わっていく会社が多いのです。
また一方で世の中には一時期、一世を風びするほどの高業績を挙げながらも、業績を悪化させ、表舞台から退場していく会社も後を断ちません。
いずれのケースも、もし、よいパートナーにめぐりあえていたら、全く違った経営者人生を歩んでいたのではないでしょうか?
とは言え、

  • 「コンサルタントってそもそも何やってくれるの?」
  • 「以前に、他社でコンサルタントを頼んだことはあるけど、大したことなかったけど・・」
  • 「船井総研のコンサルティングって何が違うの?」
  • 「本当に業績上がるの?」

という疑問もおありなのではないでしょうか?


ヒト、モノ、カネの限られている中小企業の経営者にとって、どんなに良い内容でも「1~2年じっくりと取り組めば成果が出ます」と言うのは頭では理解できてもなかなか受け入れ難いのではないでしょうか?
我々は常に頂いたテーマで90日(3ヶ月)で何らかの目に見える成果を出す事にこだわっています。早い場合では、お付き合いの始まって翌月から効果があるというケースも珍しくないのです。
コンサルティングの内容も全方位から即時業績アップにフォーカスしているので、単なるノウハウ提供にとどまるのではなく

  • モデル企業紹介(場合によっては見学、研修、留学の段取り)
  • それを実行する上でおすすめの業者紹介
  • 各種ツール(販促・営業ツール、マネジメント帳票)の作成サポート
  • 社内向けの研修
  • DMやホームページの原稿、人材募集広告の作成代行
  • 営業訪問、採用面接などの同席・代行
  • 活字にできない業界マル秘情報、事例の紹介
  • 人事面の相談(採用、解雇、後継者)
  • 社長の個人的近況とそれに対するアドバイス

・・・などなどコンサルティング内容は、多岐にわたります。

以前はコンサルタントといえば業界経験者で、ベテラン(相当年上)のえらい先生といったイメージでした。
しかし、船井総研のコンサルタントの平均年齢は30代です。
これには様々なメリットがあります。
まず若いので文句なしにパワー(体力)があります。
年中ほとんど休みなく全国を飛び回り、朝早くから夜遅くまでお付き合いしている事が、そのまま現在進行形のノウハウを誰よりも持っているというコンサルタントの力になっているのです。
次に、以前と違いトップ1人の力では業績が上げにくい時代に入っています。社員1人1人が納得して具体的に動いてくれなければ、業績が上がりにくくなっているのです。
そういった際に社員さん達と比較的近い世代のコンサルタントであれば社員さんからの共感が得やすいので、様々な施策が前に進みやすいのです。
3つ目は経営者自身が付き合いやすいということです。
年上のえらい先生から話を聞くというよりも自分より年下のコンサルタントと本音をぶつけ合いながら、社外ではあっても、自社の役員や部員の様な感覚でお付き合いいただく方が、成果が上がりやすいのです。

現在の物流ビジネス・環境ビジネスを取り巻く時流というのは、3ヶ月単位で変化していくようなスピードの早い世界です。
また顧客も、社員もどんどん変化しています。
そうした中で、1人のコンサルタントが全ての業態の戦略策定から商品開発、現場改善、マーケティング・セールス、財務、人事、新規事業開発・・・etc を完璧にカバーするのは、現実的には不可能になってきています。
そこで船井総研では、物流企業の環境ビジネス参入の専門家、物流現場の業務効率改善の専門家、物流企業の人事システム構築の専門家、物流企業の人材採用・教育の専門家・・・ など、他では類を見ないレベルまで専門特化し、どんなに環境が厳しい業界でも確実に成果が上げられる深いノウハウと応用する必要がないほどそのものズバリの事例を持っているのです。

船井総研のコンサルティングはお客様からご依頼を受けない限り、こちらから営業をしてスタートすることはありません。 それは経営者自身が「何としても業績を上げたい」「会社をよくしたい」と思わない限り、成果は上がりにくいからです。
またお客様からご依頼があったケースでも 、例えば「給与制度を変更して組織を活性化したい」 「うちの社員のレベルが低いので教育をしてほしい」などの依頼はよくあるのですが、 プロの我々から見た時に、それ自体が本質ではないケース。つまり、戦略がそもそも間違っている、経営者自身に問題がある・・・といったケースは仕事をお受けいたしません。

創業者である船井幸雄が我々に常々言うのは 「クライアントに親身に接しなさい」という事です。
つまり、もしクライアントの社長が自分の親兄弟や友人だったらどうするか?という事です。
ですから、船井総研のコンサルタントは自信のないことは提案しませんし、最初から高額な料金を請求することもありません。
今利益が上がるビジネスがあっても、それが、クライアントのキャパを越えるようなリスクの高い提案や、長続きしないビジネス、 体質に合わないビジネスも提案しません。
我々には会員さんを守っていく義務があると考えているからです。
ですから、会員さんの中には10年以上のお付き合いを頂いている方がたくさんいますし、会員さんの数も毎年増え続けています。

無料の経営相談を承っております。